知らなきゃ損する!弁護士に聞いた事故直後から取るべき行動をまとめた交通事故体験記

交通事故体験記~弁護士に相談しながら自分で進めてみた~

体験記

第25話 自分の任意保険会社に情報共有!あれ?今度は私の味方?

投稿日:

前回(第24話)の記事はこちら

前回(第24話)のあらすじ
  • 加害者本人から2度目の電話連絡がきた
  • 現在、車を事故とは関係ない故障で修理にだしている
  • 修理中の車の中に保険の証書があり確認が遅れている
  • 加害者の連絡先は、まぴお側の保険会社へ教えてもよい

加害者のおじさんから2度目の連絡が来ましたが、保険の証書は修理中の車の中にあるためすぐに確認できず、保険会社からの連絡が遅れるという内容でした。

加害者のおじさんは、自分の連絡先はまぴお側の任意保険会社に教える分には構わないということなので、自分の側の保険会社に今までのやり取りも含めて情報共有しておくことにしました。

自分側の任意保険会社へ連絡

さっそく加害者から2度目の電話があった翌日に、自分側の任意保険会社であるチューリッヒの担当者へ電話しました。

以前保険会社へ電話した際は、私まぴおが不利なんじゃないかというような厳しい態度で接してきました。

詳しくは第11話参照↓

さて、今回はどうなるのでしょうか・・・。

もしもし、交通事故の件で対応してもらっています、まぴおと申します。

こちらこそお世話になっております。

 

ここで、第11話で最初に自分側の保険会社の担当と話をした日から今日までにあった内容をすべて伝えました。

保険会社の担当者が私の味方に!?

というわけだったんですよ。

なるほどですね。

状況としては追突というよりも加害者の車が一時停止もせずに道路に進入してきて避けられなかったんですよ。

うーん、確かにまぴおさんのおっしゃる通りですよねぇ。

ええ、それで自分でも色々調べて、この場合は「路外進入」で最悪でも過失割合は80:20で相手が悪い。
しかも相手は一時停止もせずに駐車場から国道に進入したので過失が加算させて90:10なんじゃないかと。

そうですね。(ペラペラ(本をめくる音))

色々と調べる中で判例タイムズっていう交通事故の判例が載っているのをみたんですよ。

ええ、私もいま路外進入に関するページを開いたところなんですが、確かにまぴおさんの状況はこの80:20の過失割合と言えそうですよね。

ですよねぇ。
さらに相手は一時停止無しで国道に進入したのでその分相手加害者の過失が大きくなって90:10なんじゃないでしょうか。

なるほど。

あと、気になっているのが事故証明書の甲欄に自分の名前が書かれているとかなり不利になるんじゃないかと気にしているんですが・・・。

あ、まぴおさんの事故証明書はちょうど取り寄せたところなんですよ。
えっとこれをみると、甲欄は車の運転手ですね。まぴおさんは乙欄です。

交通事故証明書_まぴお乙欄

あぁ、良かったです。

ただ・・・。残念ながら事故形態の部分には「追突」の部分にマルがついていますね。

交通事故証明書_まぴお追突扱い

ええ!そうなのですが!?

相手の車の後ろの部分に衝突したから、警察も追突としたのでしょう。
しかし、お話しを聞くと相手の車は路外進入で、まぴおさんのバイクはそれを見て減速。その間に相手の車は左折を完了し、ほぼ同時に避けきれず車の後ろにぶつかったということですよね?

ええ、その通りです。

そうすると、車の衝突箇所だけをみると「追突」と思われるかもしれませんが、実態は違いますよね。

実態は追突というより、相手が一時停止無しで国道に進入してきたので避けれれなかったんです!

まぁでも、甲欄にまぴおさんを記載されるという最悪の事態は免れましたので。

 

と、こんなやり取りでした。

あれれ?

前回電話した時は、私にかなり厳しい態度を撮ったきたのに、今回は拍子抜けするほどあっさりしているなぁ。

前回はまだ実況見分もまだだったし、詳しい説明も全てしたわけではなかったからな。

それにヒロ君が言うには、保険会社は最初は厳しいことを言うのが普通といってたもんなぁ。

まぁでも結果としては良かった!

自分の担当者へ相手加害者への連絡をお願いした

ヒロ君が言うには、私まぴお側の任意保険会社に加害者への連絡をお願いしても、動いてくれないかもしれないという話でした。

一応、加害者側への連絡をお願いしてみました。

あと、加害者側から言われたんですが、保険の証書が修理中の車の中にあって、すぐに連絡ができないそうなんです。

そうなんですか。

相手加害者は連絡が遅くなるのもどうかと思うということで、自分の連絡先を私まぴお側の保険会社に伝えるのは良いですよ、と言われました。

ええ。

もし可能であれば、加害者の連絡先はいまここでお伝えしますので、担当者さんから相手加害者に連絡して、相手の任意保険会社の情報を確認して頂けますか?

わかりました。相手の任意保険会社が分かれば交渉も開始できますしね。

申し訳ありませんが、お願いします。

 

おお!担当者さん、相手加害者に連絡してくれるってことになった!

なんだか最初に電話した時は結構厳しい事言われたけど(まぁ最初厳しいこと言うのは普通らしい)、なんだかかなり親身になって対応してくれる印象だなぁ。

その後相手から連絡はあったのか!?

週明けの月曜に相手加害者からの電話連絡があり、その日のうちに弁護士ヒロ君には情報共有。

翌火曜日には自分側の任意保険会社チューリッヒの担当者へ情報共有し、加害者への連絡をお願い。

このあと、水曜日、木曜日、金曜日と毎日チューリッヒの担当者は相手加害者に電話してくれていました。

毎日夕方に、その日の対応状況がメールで送られてくるのですが、この三日間とも相手の電話は留守録応対となり、折り返し下さるようにメッセージを録音していたそうです。

今週も終わりますが、相手加害者から折り返し連絡はないそうです。

週明けも反応なれけば、私からも電話してみようかなぁ。

それにしても、なんか不穏な空気がただよってきます。

今回のまとめ

今回の内容をまとめました。

今回のまとめ
  • 相手加害者から2度目の電話があった旨をまぴお側の任意保険会社へ情報共有した
  • 前回連絡時と比べて保険会社の担当者は好印象
  • 交通事故証明書は甲欄が相手加害者、乙欄が私まぴお
  • まぴお側保険会社担当から、相手加害者に連絡をしてもらうも反応なし

第26話に続く↓

-体験記

Copyright© 交通事故体験記~弁護士に相談しながら自分で進めてみた~ , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status